トップ > で引越し > 友だちに引っ越しを頼むのは私はしたくない理由。

友だちに引っ越しを頼むのは私はしたくない理由。

私は新しい職場の近くへ引っ越しをすることにしました。

片道1時間以上かけて毎日通勤するよりはと重い腰を上げました。

いろんな引っ越し業者があって、どれが私に合っているか、どれがリーズナブルな価格で引っ越しができるかまったくわかりませんでした。

自分で調べてみたら、引っ越しにかかる費用はかなりの高額になります。

でも、私の場合、たくさんの友だちに休日に手伝ってもらうという引っ越しのスタイルを取りたくありません。

確かに、引っ越し業者に頼むよりも、すごくリーズナブルな価格で引っ越しをすることができます。

手伝ってくれる人はほとんどが、ボランティアのようなものです。

5e9ad4f946f09d8ac216fe8d73f75c43_s.jpg

引っ越しが終わったら、食事をごちそうすればそれで良いようなイメージです。

でも、私がもし引っ越しを頼まれた側だったらと考えます。

その日に用事が入っていなくても、普段仕事で疲れてるのに休日に引っ越しという大仕事をボランティアでやりたいとは思いません。

そこには、友達だからという言葉がついてくると、人間関係をより良くするために、手伝うしかないように感じます。

それが嫌なので、引っ越し業者をたくさん調べたら、地方の小さなプロレス団体が引っ越しも受けていると知り頼むことにしました。

みなさん現役のプロレスラー、力持ちだし作業がスムーズに進んで、リーズナブルな価格で引っ越しができました。

で引越し

前の記事 | 次の記事

関連記事