トップ > し業者の選び方 > 引越し前に想定し置くべき事

引越し前に想定し置くべき事

a755b867b3f61ff449e293589595688c_s.jpg

引越しをする前に考えなければいけないのは、その段取りを忘れないようにすることです。住民票を移動する為に転出届と転入届を市役所に提出する必要があったり、それ以外の住所変更手続きがいくつもあります。

このような細かな作業は手間になるので後でやろうと考えると、転出届だけを取るために引越し前の住所に戻る可能性があるのです。

なので、引越しをする予定日より2週間前から転出届を取ることが可能になるので、そのあたりの作業を事前にやっておくことです。
自分で引越しをするのであれば、段ボール箱をある程度の量確保しなければいけないので、それなりの時間を使うのです。その時に市役所を回る予定を入れておけばスムーズに作業を完了することが出来るはずです。

引越しの時には、新居のカーテンなどを準備する必要もあります。引越を終えて初日に電気をつけると外から丸見えの状態になってしまうので、最初の段階でカーテンを掛ける必要があります。

なので、新居のアルミサッシのサイズを測っておけば、最適なサイズのカーテンを事前に準備することが可能になります。ホームセンターなどに足を運ぶことなどを想定し全て段取り良く作業をしていくことが重要になってくるのです。

し業者の選び方

前の記事 | 次の記事

関連記事