トップ > し遍歴 > 人生最初の引越し

人生最初の引越し

私はかなりの回数引越しを経験していますが、いちばん思い出に残っているのは私がまだ二十歳前のころにはじめて引越しをしたときの甘酸っぱい経験です。

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s.jpg

その頃わたしはまだ高校を卒業したばかりで卒業と同時に一人暮らしをはじめました。私には学生時代からお付き合いをしている彼女がいてその一人暮らしを始めたと同時に自然とそこで同棲生活がはじまりました。若いころは学生から社会人になりいきなり自由を得た感じでそれはそれは何をするにも楽しいというか好奇心を刺激するものばかりで毎日が輝いていました。そしてそんな生活が2~3年続いたでしょうか。若かった私たちは別れることになりました。そして私は仕事の関係で住んでいた部屋を引っ越すことになりました。引越しの荷造りをしていると全ての荷物に短いながらもそこで過ごした思い出が何かしら詰まっているもので今までの2~3年間の色々な場面ががまさに走馬灯のごとく思い出されて荷造りの手が度々止まった記憶があります。そして壁に掛けていた彼女との写真を外そうとしたときにすごく時が流れてゆく虚しさや悲しさを感じたことを覚えています。それからそうとうの月日が経ちましたがその最初の引越しが数ある引越しの中でもいちばん思い出深い引越しの思い出です。

引越し 渋谷区内 料金 相場はこちらも参考に!

し遍歴

前の記事 | 次の記事

関連記事