トップ > し遍歴 > 割れ物運搬時のトラブルを避ける為には

割れ物運搬時のトラブルを避ける為には

食器2.jpg

引越し 単身 格安 大阪について

これだけしっかり梱包していれば大丈夫だろう、と高をくくって積み込んだ引越しの荷物だったものの、到着した引越し先で荷を解いてみると中の割れ物が動きまくって大半が割れてしまい、散々な結果に終わる・・という様なパターンを周囲から聞くケースが良くあります。
私自身があまりその様な失敗をした事が無いので詳細は分かりませんが、おそらく緩衝材が不足していたか、その詰め方がルーズで空間が空き過ぎていたかの理由で運搬中に中の割れ物が激しく動いてしまい、収納されていた物同士でぶつかり割れてしまったのでしょう。
ダンボール箱の中にしっかり密に詰めていれば問題は無い筈なのですが、力の無い女性が梱包する時は得てして押し込む力不足からか、割れ物の隙間を埋めるべき緩衝材の量が足りず、箱の中でしっかり割れ物が固定出来ていないケースが多いのです。
最近でこそ柔軟性に富み様々な間隙にフィットする発泡スチロール片の緩衝材が出回り始め便利になったものですが、それ以前は一般の人が簡単に利用出来る緩衝材と言えば新聞や雑誌を丸めたものしか無く、人によっては上手く丸めたり密に詰め込めなかったりしてかなり不便が伴っていたのは事実でしょう。
割れ物の梱包にあまり自信が無いのであれば、同じ箱に梱包する数量を減らし相対的に緩衝材の量を増やしたりする等の対策が意外と功を奏するものです。

し遍歴

前の記事 | 次の記事

関連記事