トップ > し業者の選び方 > 引越の相見積もりが常識である

引越の相見積もりが常識である

春先には引越しの依頼が殺到してしまうので、引越しをする予定が決まったら早めに見積もりを取って作業を完了する考え方も重要です。
79939916c9dbaf8fc1f9a432b3fcb0a2_s.jpg
卒業や入学シーズンになると、新たな生活を始める人が増えてくるため、新居を構えて引越しを考慮する人が増えます。仕事や学校に通うためにその場所に移動する必要が必ず有るため、引越し費用が高くても依頼する人が多くなります。

そのような時期に引越しをすると、引越し業者に支払う費用は高くなってしまう可能性があるので、時期をずらす考え方が重要になります。1月近辺で引越しを依頼する考え方と、4月を過ぎたあたりにゆっくりと引越しをする考え方です。

この時重要なのは、引越しの相場よりも高い金額で引越をしてはいけないと言うことです。ピークのシーズンを外しているので一般的には引越しの費用は安くなる傾向があります。

その安くなった金額を見積もりを取ってから、他の引越し業者の見積もりと相見積もりの状態にします。このような段取りで作業をしていく必要があるため、最初の引越しの見積もりを取った段階で決定しないことが重要となります。

見積もりの金額はある程度ネットの情報などで想定できるので、更に安い業者があることを最初に知っておくことが重要になります。

し業者の選び方

前の記事 | 次の記事

関連記事